イラン

イラン旅のまとめ(2.エスファハーン/Eṣfahān 2018/4/21~4/24)

更新日:

タクシードライバーの件でケチがついたので、カーシャーンを1泊で移動しエスファハーンに向かいました。

エスファハーンには世界遺産に認定されているイマーム広場とモスクがあります。
同じ部屋の日本人女性と香港人男性と仲良くなり、一緒にレンタル自転車を借りたり、チャイハネでシーシャを吸ったり。
一人旅ではそういうのは絶対できないので、とてもラッキーでした。

1.カーシャーンからエスファハーンへ

カーシャーンのバスターミナルまではタクシーを拾いました。
ホステルで呼ぶと150,000ILと言われたのが1/3に!
バスターミナルにて、呼びこまれるままにチケットを購入。

カーシャーンのバスターミナルからエスファハーンのバスターミナルへ。
15:05発 17:30着 2時間25分

エスファハーンのバスターミナルに着いたものの、ローカルのバス乗り場がよくわからなかったのでメトロに乗ることにしました。

受付でメトロのチケットを買おうとすると、カードを買わないと乗れないと言われてしまい(本当かなあ?)、4回分のデポジットのカードを買うことに。
バスにも乗れるカードですが、後で聞いたらバスの人は別にこのカードは要らなかったらしいです・・・。

ホステルからバスターミナル タクシー 50,000IL(125円)
カシャーンからエスファハーン バス 135,000IL(338円)
メトロカード 4回分 50,000IL(125円)

2.エスファハーンの安宿

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

アミール キャビール/Amir Kabir

前日に電話予約
朝食付き 男女4人ドミトリー

年配のスタッフが驚くほど丁寧に案内してくれました。
かなり古いですけど、駅から近くて場所は良いし、シャワーもいくつかあって不便はなかったです。部屋に冷蔵庫もありました。
トイレットペーパーは言わないとくれないです。

朝ごはんは他にもスイカとかありました。

1泊 12$(1,286円)

3.エスファハーンの観光

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

ヴァーンク教会/Vank Cathedral


世界最大の口コミ観光地サイト

中心地からは自転車かバスの距離です。
このあたりはアルメニア教地区で、こちらはその教会。
中にはこじんまりとした博物館もあります。
外側から見るとシンプルですが、中に入ってびっくり!色鮮やかな絵画に圧倒されます!

腰から下部分は、モスクで見かけるタイルになってるのが興味深いです。

でもよく見ると絵はものすごくおかしいです。

教会・博物館 入場料 300,000IL(750円)

イマーム モスク/Shah Mosque

イマーム広場にあるモスク。

ランチタイムは閉まっています。
とても広くて観光するのに結構時間がかかります。
青いタイルが素晴らしかったです。

タイルに絵を描いてるのではなく、パズルのようにタイルを焼いてると知って衝撃を受けました!

入場料 200,000IL(500円)

シェイク ロトフォラー モスク/Sheikh Lotfollah Mosque

こちらもイマーム広場にあるモスク。
ランチタイムは閉まっています。
こちらの方が小さいですが、ドームの音がとてもよく響くので手を打って耳をすましてみました。

入場料 200,000IL(500円)

ハージュ橋/Khajou Bridge

レンタル自転車で行きました。
川はからっからでした。

スィー オ セ橋/Siosepol Bridge

夜はタクシーでスィー オ セ橋を観に来ました。
時期的に川は枯れ果てていて残念でしたが、ライトアップがきれいでした。

タクシー 3人でシェア 50,000IL(125円)

4.エスファハーンのグルメ

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

トラディショナル バンケット ホール/Traditional Banquet Hall

ステンドグラスが可愛いペルシャ料理レストラン。
大量のドゥーグ(塩ヨーグルト)にハマりました!
なぜか紙コップ。

フード+ドリンク 254,000IL(635円)

アザーデガーデン カフェ/Azadegan Cafe

老舗のチャイハネ。骨董品だらけです。

中庭は映画のセットみたいでした。

シーシャが吸える部屋は向かい側の建物の中でした。

ハーブティー 100,000IL(250円)
シーシャ+紅茶 3人でシェア 103,000IL(258円)

サンドイッチ屋/yomenai

イランの外食産業は全体的にレパートリーが少ないです。
イラン人は外食をほとんどしないらしいかららしい。
確かにピクニックばっかりしています。

ハンバーガー屋とかサンドイッチのお店はどこにでもある感じでした。

チキンケバブサンド 110,000IL(275円)

ケバブのお店

ケバブを頼まず、目についたものを指さししたら3人とも同じになりました。
羊のチーズと小麦粉かなんかを混ぜたような…。
もったりしてて、食べても食べても全然減らない料理でした…。

謎のランチ 80,000IL(200円)

ペルシャ料理/yomenai

宿の近くのお店。
アーブ グシュートという煮込み料理。

ご主人が壺の中の具をナンと一緒にぐちゃぐちゃにつぶして、こうやって食べるんだ、と教えてくれましたが、そのまま食べた方が美味しそうだった…。

イランではお酒が手に入りませんが、ノンアルビアはどこにでもあります。

アーブ グシュートなど2人でシェア 150,000IL(375円)

アイス専門店/Nagsh Jahan

エスファハーンのイマーム広場の写真の右側にあるアイス専門店。


アイス麺とサフランアイス。
ちょっともらっただけなので値段はわかりません。
うーん、美味しさがわからない。

-イラン

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.