インド

インド旅のまとめ(1.バンガロール/Bangalore 2018/2/13,2/19)

更新日:

バンガロールはインド第4位の街。
デリーよりもムンバイよりも、なんだか安心して歩ける街でした。
でも観光となると何も見たいところが無いところ。
その代わり思ってたよりハンピまでの移動は楽でした。

1.ビザ取得

インドは空港でアライバルビザを取得できます。
ネットで取ろうとしたことがありますが、何度も間違えてイヤんなって止めました。
少し料金は高くなりますが、交通費とか考えたらアライバルビザがお勧めです。

到着時ビザプログラムの滞在可能日数は60日以内。
有効期間内に最大で2回の渡航が可能。
1回の渡航につき最大で入国から30日間滞在が可能。

※ビザ申請時、6カ月以上パスポートの残存期間が必要
※パスポート査証欄の空白ページが2ページ以上あることが必要
※バンガロール、チェンナイ、デリー、ハイデラバード、コルカタ、ムンバイ空港のみ
※帰国便のチケット要

バンガロールにあるケンペゴウダ国際空港のアライバルビザはe-visaブースの横にありました。
時間はかかったけど、支払はあっさりカードでお支払い。
(デリーはカード、ムンバイでは$しかダメでした←係員によると思います)

ビザ用印紙 2,000INR(3,846円)

2.ケンペゴウダ国際空港から市内へ

エアポートバス(シティバスシャトル)乗り場は下にシールの案内があるので、わかりやすいです。
出口を出て右に歩いて左にまがります。

地球の歩き方(2016-2017)によると24時間運航。

マジェスティックバスターミナル行きはNo.9 。

ケンペゴウダ国際空港からマジェスティックバスターミナル(バンガロールシティ駅前向かい)へ
6:40発 7:30着 50分

バスターミナル2の前がエアポートバスのバス停です。

メトロもすぐ近く。

エアポートバス 233INR(448円)
メトロ 15INR(29円)

3.バンガロールの安宿

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

Social Rehab Downtown

カボンパーク駅/Cubbon Parkが最寄り駅。

Booking.comにて予約済み
食事無し 男女ドミトリー→女ドミトリー

マンションの1室の民泊みたいな宿。
コンセントが各ベッドに無くて不便でした。
夜行バスまでの滞在。

1泊 600INR(1,154円)

Hotel Janpath

Krishna Rajendra Market駅から近い。

ぱっと見は立派。

Booking.comにて予約済み
朝食無し ツイン

レセプションの人の感じが良くないです。
午前中だけの滞在。

1泊 699INR(1,344円)

Booking.comなら合計3,600円以上のご利用で、1,800円キャッシュバックされます。
良かったら使ってくださいね→キャッシュバック

4.バンガロールの観光

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

KR Market

ローカルなエリア

Chickpete駅の近くです。

5.バンガロールのグルメ

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】

立ち食いカレーのお店

メニューが無い。

カレープレートは薄味。

Social Rehab Downtownの近くにありました。
入りやすい♪

カレープレート 40INR(77円)
チャイ 10INR(19円)

2018/2/13(火)インドのバンガロール観光,グルメ/ホスペットへ移動

2018/2/19(月)インドのバンガロール観光/スリランカのコロンボへ移動

-インド

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.