ロシア

2019/4/28(日)ロシアのサンクトペテルブルクに到着

更新日:

ここからしばらく写真が少ないです。
アホなミスを犯してしまい、スマホで撮った写真を全削除してしまったのです!!
2000枚以上消しました~~(∩´∀`)∩

スマホアプリだとダメで、帰国後にフリーソフトで300枚くらいは復元できました。
まあ絶景写真はインスタグラムにあげていたので、それが残ってるだけ良しとします。
日記も一応書いてるので旅行記は書けます。

-------------------------------------------------------------------------------

もうふらふら。風邪悪化しそう。

ウルムチにもプライオリティパスが使えるラウンジがある。
最終が出るまで利用出来るのがありがたい。

00:35 やっとラウンジ。

先に座らせてくれて、後からパスポートとチケットを持ってきてくれた。

お菓子とソフトドリンクのみ。
喉が乾いて仕方なかったので助かる。
じわじわ汗かいて脱水症状寸前…。

梨水はなかなか美味しい。
炭酸は安物ぽい。

さっきの日本人グループも入ってきた。

ここでもWi-Fiは同様に使えない!

1:05 ゲートへ。

これはビジネスシート。模様がかわいい♪

窓際の自分の席に大量の手荷物を置いたバカップルがいてうざかった。

エコノミーはほぼ満席な感じ。

1:40発 1:45着
ウルムチ地窩堡国際空港からカザフスタンのアルマトイまで
エア・アスタナ航空にて2時間5分のフライト。

あめちゃんサービス。

2:20 軽食。

こんな時間に嬉しいような迷惑なような…。
ホカホカのピロシキみたいなのが出た。
なかなかやるな。

通路側の男が席を移ったのに、真ん中の女がそっちに移ってくれない。空気を読めんやつめ。

2:27 ゴミ回収。早すぎるやろ。

無事到着して、バスに乗って建物内へ。
すぐ右にトランスファーカウンターがあり、パスポートとチケットチェック。そして荷物検査で終了。階段を上がると免税店とかあって、右奥にラウンジが。

アルマトイにもプライオリティパスが使えるラウンジがある。しかも24時間で助かる。

しかしコーヒー、紅茶、水以外有料というドケチラウンジ!こんなのはじめて!

まあWi-Fi使えるし、空いててソファーにゴローンしながらチャージもできるので問題無し。

ここで6時間40分のトランジット。
Wi-Fi最高~!
あっという間にゲートオープン。

小さな空港だと思ってギリギリに出たら1Aは地下でしかもバスと書いててあせる。
でもすぐ近くて良かった。ほっ。

8:25発 10:40着
カザフスタンのアルマトイからサンクトペテルブルクのプルコヴォ空港まで
エア・アスタナ航空にて5時間25分のフライト。

テレビも無いし充電も出来ないけど、粗品をくれるエア・アスタナ。

ピロー枕はいつも穴が開くので最近持ってきてなかったので嬉しいぞ!(といいつつそれ以後も使ってない)

遠くの山がきれい。

朝ごはん。

雲が帯状に。

隣の人がでかいおじさんで窮屈そう。
そういえばマツコ・デラックスは飛行機に乗れない的なことをテレビで言ってた。
たしかにビジネスでも無理かも。
相撲取りも二人分取るらしいもんなー。
規格外の人は大変だ。

無事サンクトペテルブルクに到着。
頭痛が消えてきて嬉しい。

ATMでキャッシング。

11:30 39番バスが空港建物を出たところに停まっていたので、乗ろうとするけどチケットの買い方がわからない。
前に立っていた女の人に訊くと、彼氏みたいなのが来て、クレジットカードで払うのさ!と。
彼女は中に一緒に入ってマシンを指さしてくれた。
確かにVISAやマスターなどのステッカーが付いてるけど、これは交通プリペイドカード系に反応するやつに見える。
クレカがこれに反応してお金が引かれるなんてハイテクすぎる気がする。
周りに小銭をチャリチャリ数えてる人とかいて、現金でどうやって払うんだと思ってたら、集金係のおばさんが来て、私のカードをマシンに当てだした。もちろん反応しない。
ようわからんけど小銭はあるので現金で払うとお釣りをくれた。ほっ。

Moskovskayaまで40R(69円)

宿に行く前に、ネットでチェックしていた教会に寄る。

ヨーロピアンな街並み。

結構歩いてChesme Church到着。

人だかりで、中に入るには注目されるのですごく入りにくい。

皆派手な卵やカップケーキを沢山持っていて、何かを待ってる様子。

裏に回ると墓地があった。
見たことの無いタイプでコーフンする。

教会入口に戻ると神父が歌いながら水を信者に振り撒いていた。
それが終わると皆、中へ。私も続く。
中はたくさんの絵や物が飾られてる。
帽子のままや髪を隠さない人もたまにいるけど、スカーフ姿のロシア人は素敵。

メトロ2号線でSennaya Ploshchad駅まで 45R(78円)

現金のお札でキップを買うには窓口しか無いぽい。
窓口の人は英語の単語で言ってくれてわかりやすかった。

バックパックだからなのか、詰所に連行され荷物チェック。念入りだけどにこやか。

トークンを入れるタイプ。
駅のホームが独特!
エレベーターが沢山並んでるように見える。
そしてホームに大きく駅名を書かないのはなぜなのか。
社内に電光掲示板があるから、まあわかるけど。

Sennaya Ploshchad駅から宿は10分くらい。
それにしても英語表記がほとんど無いから、中まで覗かないとなんのお店かとかわからん。

hostel wonderlust

Booking.comにて予約済
男女8人ドミトリー
1泊 573円

ここに2泊。ほぼ満室。
安くてビックリした。
シーツのセットはセルフ。
ベッドでWi-Fi快適だし、シャワーも熱々だし。鍵付きロッカーもあるし。
バスタオルとハンガーまで貸してくれる。
スタッフも感じ良い。

パスポートチェックは無し。
というか名前も訊かれなかった笑

ベッドは口コミ通り確かに揺れるし狭い。
大柄なロシア人にこれはキツそう。
壁際に20センチ近い隙間があるので、荷物も置けないし2階なので自分が落ちそうで怖い。

風邪は大分治ってきたけど食欲が戻らない。
明日には完治しますように。

-ロシア

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.