中国

2019/4/17(水)日本から北京へ移動

更新日:

2ヶ月半ぶりの旅の始まり。
前日、Excelで作ったスケジュールを確認しようとしたらパソコンが立ち上がらなくて焦った。
PCのリフレッシュ(後から入れたソフトをほとんど再インストールしなければならなくなるやっかいなやつだけど、ファイル類は残る)とやらをやって、なんとか改善したけども、今度はiTunesでiPodが認識しなくなった…解決しないまま、朝。
懐かしい曲を旅中に聴きたかったのになあ。

なんだか用意が不十分。
旅向けのカジュアルなブラが無いことに今さら気付き、空港に行く途中、大阪駅のユニクロに寄る。
知らぬ間にルクアイーレにもユニクロがある。昔はヨドバシカメラにしかなかったなー。
ユニクロにはワイヤーレスブラしか無いのね。

試着室の鏡に映ったプヨプヨの体を目に焼き付ける。
この旅こそマイナス4キロ目指すぞー!
いつも2キロくらいは痩せる。

上着の袖が短いので、手の甲の日焼け防止に短いアームカバーをダイソーで買った。
ここではもうビーサンを売り始めていた。
次の旅で新調しよう。

大阪空港に2時間半前に到着。
今回はマイル特典航空券を使って、羽田乗り換えで北京まで。
こういう場合何時間前に行けばいいのかいつも迷うけど、JALは1時間前チェックインでいいらしい。
カウンターは空いていた。

大阪空港は小さいけどなんかややこしい。
うろうろして、結局前にも行った中之島カレーへ。

ハンバーグカレー 小盛り 850円

ハンバーグは冷凍ぽい見た目だけど、味は普通。
ここのトマトっぽいカレーは好み。
もっと辛ければ尚良し。

そして少しの時間だけどラウンジへ。

大阪空港にはプライオリティパスが使えるラウンジは無いけど、楽天プレミアムカードが使える。

ラウンジオーサカでカプチーノを飲む。
クロワッサンがあるというブログを見たけど、ソフトドリンクしか無かった。

大阪空港から羽田空港へ。
14:30発 15:40着
JALにて1時間10分のフライト。

コンソメスープが飲みたかったけど、気流の乱れとやらで冷たいお茶のみの提供。
USBも無い。

隣席の加齢臭がすごすぎてマスクが外せん!

左側の席だったのだけど、富士山が見えて嬉しい。

専用バスで国内線から国際線ターミナルへ移動。

ちょっと離れてるからドキドキするも、するするとゲートに40分前に到着。
もうちょい時間あったらラウンジ行きたかったなあ。

羽田国際空港から北京首都国際空港へ。
16:50発 19:45→19:50着
JALにて3時間55分→4時間のフライト。

ゲート前にコンセントがあるのは嬉しいけど、関空同様立ちスペースしか無い。

日本の航空会社で海外行くの初めてかも。

楽しみの機内食。

めっちゃ盛り付けきれい。

ビールも国産三種類から選べて、しかもエビス。

ハーゲンダッツはJAL限定クリームチーズタルト。

美味しすぎる…!
コンソメスープも飲めて幸せ。

気になっていた邦画を観る。
「人魚の眠る家」
期待ハズレの3点。たらたら長い!
てか東野圭吾の原作なんや!
監督は堤幸彦だった。

脳死ではなく心臓死を死とする考えは世界的に珍しいらしい。

西島秀俊はいつ観ても西島秀俊なのやけど、叩かれないのは何故でしょう。
あんなスーツの下ムキムキで、有能そうで清潔感あって、たまに見せるくしゃくしゃな笑顔が破壊的なサラリーマンこの世におるか!

前の人がガン!と席を倒して来たから、私も倒したら猛烈に後ろの中国人に文句言われた。
どの席も最初から最後までリクライニング状態に固定されてたら世の中平和なのに。

入出国カードが前のポケットに入ってたので書く。

無事到着。
なんと北京は夜だというのに27度!
暑い!!
着替えを買わなきゃいけないレベル…。

指紋認証

指紋認証の機械はパスポート番号と日にちが入ってるので、毎回やるのかな?
沢山マシンがあって並ばないですむから別にいいけど。

入国審査は何も聞かれず。

We chatのアプリにアカウント登録してたら空港でネットが使えるとのことで事前にしていたけど、うまくいかない…。

ターミナル間のトレインに乗って出口へ。
バゲージクレーム付近で電波が良くなったので、Wi-Fiに繋げる。
地図が現在地を認識して一安心だけど、宿にチェックインの時間を知らすの忘れてた…泊まれますように。

夜だけどなんか怖くない。
タクシーの呼び込みとかも無いし。
日本と変わらない。

両替商はぽつんぽつんとある感じなので、目についた銀行のATMが入ってるブースへ。

嬉しい日本語訳がある。

最初間違えて少額出してしまったので、二回分の手数料がかかってしまった。
お金は全部100元で出てきた。

エアポートエクスプレスを目指す。

自販機は買える寸前まで進むけど札が返金されてしまう。釣り銭切れなのかも。
隣に窓口があったのでそこでチケットを買う。
どこで降りても同じなのかな?

カードとレシートをくれた。25元

どっちに行くか迷ってたら、掃除のおばちゃんが教えてくれた。

荷物を検査に通して停まっていた列車へ。
これで地下鉄の東直門まで行ける。
21:00くらいに乗って21:40着。

座れて良かった。

東直門から地下鉄2号線へ。
窓口で降りたい駅をスマホで見せてチケット購入。3元(50円)

ここもトークンはカードタイプ。

歩いてる駅員はコスプレのよう。
地下鉄の列車にもカメラかあるのがすごい。

百度地図で見ると地下鉄の出口までわかった。
ダウンロードしておけばオフラインでも見れて便利だけど、アカウント登録が出来ないみたいでお気に入り登録が出来ない。

駅から大通りを歩いたところにある宿まで10分くらい。

北京サンライズホステル/北京青年酒店/Beijing Sunrise Hostel Gulou Branch

Booking.comにて予約済
女6人ドミトリー 1泊 1,055円

写真は翌日撮影。
ここに2泊。
受付のお姉さんは感じ良かった。
周りには入りにくそうな飲食店がいくつかあるだけ。
お水売ってて助かったー。
水 1.5リットル 6元(101円)

部屋は中にシャワーとトイレが一つづつある一番嫌いなタイプ。
部屋の電灯を消してるのに、電話する文化はなんなんやろう。
洗面台は水が盛大に詰まってる。

部屋に入ったときはムンムンして寝れるか心配だったけど、時間と共に少し涼しくなって一安心。
Wi-Fiも問題なく繋がる。
明日は北京の目的、慕田峪長城へ行く。
超早起きしてシャワー占領しようっと!

-中国

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.