オランダ・フランス(セントマーチン)

2019/1/22(火)アルバからセントマーチンへ移動,観光/マホビーチ

更新日:

5:00 起床。
リビングで男性が寝てたので電灯付けられず。
トイレの灯りで荷造り。

5:30 出発。
5:40 バス停到着。

シティホールの右隣の建物の向かい。

宿にはスタッフも常駐してないし、あの黒人女性がいなかったら、この場所わからなくて困っただろうなー!
私の旅は偶然と親切の重なり、もろもろで成り立っている。

バス停には1台のシェアバンがいて、外にいたドライバーに言われるまま乗り込むとすぐ2人増えた。
エアコンもかけてくれてる。
弱ーくルネッサンスのWi-Fiがここでも飛んでる。すごいなー。

去年エルサレムで出会った旅友さんから、今南米にいるとメッセージが入っていた。
一度帰国してたみたいだけど、また長旅をしてるみたい。ああ~彼女のように英語力があったらどんだけ違う旅になってただろうなあ~。
まじでセブ留学意味無かった。
楽しかったけどね。

6:05 5人集まって出発。2ドル先に払う。
ドライバーにアメリカに行くのか聞かれる。
アルバの空港はアメリカ経由用ターミナルとそうじゃない人用ターミナルに分かれているからだ。

バス停の通りで降ろされる。

Non USA Departureターミナルへ。

チェックイン。
荷物預けようかと思ったのに、なんか言われたので持ち込むことに。
拾ったシュノーケルのせいで900g重くなっていた。むむむ。

荷物検査、出国審査はあっさり。
出国税は要らなかった。ホッ。

Wi-Fi快適~。

8:00 アルバからセントマーチンへ出発。
ウィンエアにてキュラソー経由で3時間15分。

ウィンエアのCAは一人だけ。とても感じのよい人だった。

機内に入ると、CAから席はフリーだと言われた。
チケットはB席だったので窓からビーチが見えないなあと思っていたのでラッキー!
7割くらいの乗客。

30分ほどでキュラソーに到着。
この飛行機もクーラーガンガン利いてる。
いっぱい服着てて良かった。

何人か降りて何人か乗ってきて、セントマーチンへ出発。

2時間のフライトでも機内食があった。
選択肢があるとき、いつも片方が聞こえない汗
聞こえた方のチーズバーガーを選ぶ。

チーズが美味しい~!

ふと、パスポートをチェックすると出国スタンプが無い。
そうゆうもん?

セントマーチン離陸寸前。

プロペラ機はあまり歓迎されてない模様。

あれー?思ってたよりかなり小さなビーチだし、人も少ない!

11:15 セントマーチン到着。
入出国ガードは無し。
入国審査あっさり。
スタンプ押される。

11:25 警備員に聞いてバス停到着。
アルバ同様、駐車場の向こう側。

なんで空港の真ん前に無いのでしょう。

日差しが強い~暑い!
宿まで歩いて40分...うーんと思ってたらすぐMAHOと書いたシェアバンがやってきた。わーい。

シェアバンでマホビーチまで 1ドル。

日本にもあればいいのに。

白タクではなく、これが公共バスみたい?

マホビーチの側に手頃なホテルがあったので、予約していた。
前日になって、どうも管理人が常駐してないらしく、鍵の受け取りが電話じゃないと出来ないタイプと口コミで知り、憂鬱な気持ちに。(アルバもそうだったから)

一応チェックインは12-13時くらいだと昨夜メッセージは送って、返事も来たけど...。
スムーズにいきますように!

かわいい。

ミリアム アンド フランク レジデンス
Booking.comにて予約済。
ガーデンビュー
1泊 12,905円

レセプションみたいなのは確かに見当たらない。
上方からホウキで掃く音が聞こえるので階段を登ってみると男性が掃除をしている。
英語がお互いわからないなりに、チェックインしたいことは伝わり、外のベンチで待つよう促される。

暫くして別の男性がやってきて、オーナーに電話し、ひとつのドアを開けて促される。

うわー!思ってたよりすてき!

清潔感あるー。

かわいいキッチン。

洗濯機がある!

最終日にすれば良かったかも!
今日は飲むぞー!(宅飲み気分)

ガスコンロに火が付かないので、お兄さんにいじってもらう。

ジャマイカ人のスタッフ。

ガス切れのようなので、タンクを交換。
火が無事ついてめでたし。
今日は料理するぞー!

オーナーが来るまで鍵が無いからビーチに行けない。
ネットも出来ないし...。

20分ほどしてノックされる。

威圧感のある女性がやってきた。オーナーらしい。
英語があまりわからないみたいで、お互いカタコトのやりとり。

最初提示された金額が80ドルも高くて焦る。
正しい金額を電卓で打って見せると、どこかに電話をかけて相手に確認したみたいで納得された。
Wi-Fiパスワードもその電話の相手から入手。
女性オーナーが去り、やっとビーチへ!

ビーチと宿の間にスーパーがある。
ビールとドリトス 2.35ドル

急ぎ足でマホビーチへ。
徒歩5分くらい。

町から近いのにとっても綺麗なビーチ!
キュラソーやアルバに引け目を取らない!

左のフェンスの向こうは飛行場。

人少ない!意外!

建物があるので木陰で待機!

ビール♪ビール♪

アメリカのビール。飲みやすい。

ドリトスは割りとどこでも安い気がする。庶民の味方!

レストランの入り口にあるサーフボード。

このボードにはジャンボ機だけ書いてあるらしい。

海も綺麗だし、レストランから音楽も流れてるし、暇なら海に入ればいいのでずっと待ってられる。
しかもWi-Fiがつながる!!

海外でよく見かける、この足の長い鳥はなんというのだろう。

飛行機は何台も到着する。
めっちゃめちゃ楽しい。
飛行機オタじゃない私でも楽しい。

レストランの木陰からだと迫力にかけるなー。

プロペラ機。

午後以降に大型機が頻繁らしく、人もそれなりに増えてきた。

なぜか動画がアップできないので、自宅でやります。

写真にうまく撮れてないけど、ジャンボ機の離陸時の暴風で、荷物がコロコロ海方向に転がったり、砂煙が巻き起こったりするのがおもしろかった。

15時台は来そうに無いので、泳ぐことに。
すぐに深くなる感じはあるけど、足がつく程度の遠浅で、透明度もアルバより高い。

泳いでる人やシュノーケリングの人もたまにいる。

魚いっぱいいるー!

口がながーいのも!

シマシマも。

雲っているときは風が冷たくて、海から上がるとガチガチ震えるほどに。
16:12にジャンボ機が来るらしいので、それまで耐える。

海中の人達が微笑ましい。

寒いので一旦宿に帰る。
砂まみれなんやけど...シャワーとか無いもんなんやね。

犬を飼っている家が多い。通る度にうるっさい。

部屋に帰るとなんか臭い。
これは...ドリアン臭?
さっきは気づかなかったんだけどな。

シャワーを浴び、寛いでいるとノックが。

男性のオーナーとスタッフが、ガスの点検をしにきた。
さっき直ったんじゃないの?
男性オーナーは女性の方と正反対で腰が低い。
そういうもんなんだな。

10分くらいゴソゴソしてなにも言わずに出ていった。
火を点けようとすると、ホースと繋がってない。
なんなんや...。

アルバが18:30日没だったから、ここもそうだと思ってたら18:00でサンセット見逃した!
しかも雨降ってるし!

雨が止んだのでスーパーに買い出し。
調理が出来ないので惣菜を買うことに。
惣菜はセルフで弁当箱に詰められるだけ。
大・小あって、とても良いシステム。
ワインとー♪生ハムとスモークチーズも♪
18.30ドル。

部屋に戻り、ふと、ガスコンロを見るとホース繋がってるし、火も着くようになってる!

勝手に入ったんか~怒
もう遅いわ!

ライスが逆になってしまった。

惣菜はなかなか美味しい。
が、生ハムもチーズも赤ワインも不味い!
アメリカの賞を取った安ワインらしいんだけど...。
しかも水買うの忘れた。
セントマーチンは水道水が飲めないらしい。

水だけ買いに行くと、カードはダメと言われた。
水1.5リットル 1.45ドル

天気予報をみるとなんと明日から雨!
スコールだとは思うんだけど。
明日はあんまり期待出来ないな。

ふと...スマホが充電出来てない。
充電器壊れたみたい!
これまたスペア持ってきといて良かった~!

この日はなんとなく夜更かしして1時くらいに就寝。

-オランダ・フランス(セントマーチン)

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.