オランダ(キュラソー)

2019/1/16(水)上海からキュラソーへ移動

更新日:

0:10 上海出発。
フランクフルトまで中国東方航空にて12時間半のフライト。

映画が楽しみ。
なんだけど、早くイヤホンください...。

イヤホン配りのあとは本日2回目の晩ごはん。

ビーフだけ食べた。

Toiletというインド映画。
電車のトイレで出会った女に一目惚れする話ぽかった。英語字幕だけなのでやめる。

リベンジgirl。
桐谷美玲は割りと好き。
最近気になってた鈴木伸之が出てたので観てみた。
少女マンガ展開。ありえんことの連続。
はーーしょうもない。
こんなくだらない話をよく映画化しようと思うよな。
こういうのは機内ならでは。
お金払って観ようとは思わない。

でも目の保養映画としてはアップが多くて良かった。
鈴木伸之、完璧すぎる~!イケメンすぎるー!
抱きしめるんじゃなくて、抱き寄せるって、すごい破壊力あるのね。腕ぐい、ってやつね。

斉藤由貴の演技はなんか古クサくて観てられない。

トイレに行ったら、後ろの二人が四列占領していた。
この際はっきり、全部空いてる席にしてください!と次はリクエストしてみよっと。
日本でしかできないし。

2席使って寝ても身体は痛い。
ふと油断すると、反対側の通路に座ってる中国女が私の領土まで使って足伸ばして寝てる!!
今度中国にも行くんだけど、これくらい図々しくならないと中国旅はやってられないかもしれない。闘志が沸き立つ。

ところでブランケット二枚使って、服全部着てても寒い。

朝ごはん。

夜も出たスイカがまた。
スイカは痛みやすいから、食べないようにしてる。
オムレツは片栗粉かなんか入ってるのか人工的感がある。
中国東方航空の機内食ってこんな美味しくなかったかなあ~。

映画は全然日本語訳のが無い。
USB接続口はあるのに充電出来ないし...。

妻は薔薇なんとかという映画。
夏川結衣の肥り方が病気のようにみえて仕方がない。
山田洋次監督映画というのを初めて観たけど、皆舞台の演技というかわざとらしく古くさくて違和感しかない。
こーいうのを良しとするから皆邦画観ないんちゃうの?
ヘソクリを泥棒に盗まれて凹む嫁の話。
到着間際にイヤホンも外せと言われ観る気がさらに無くなる。

5:45 意外とあっさりフランクフルトに着いた。

入国審査ではGermanyしか聞こえんかった...。優しいお兄さんで良かった。
ここでも国民は自動審査になっていた。

税関とかもあっさり。

目指すターミナル1のラウンジはランドエリアにある。

スカイラインという無料の乗り物で、ターミナル2からターミナル1へ移動。
BとCの間をうろうろ探しても見つからなく、インフォメーションで聞いたら、ラウンジはひとつ上の階だった。

この上。

めちゃ優雅なソファー席。

朝だからかハムとパンとかばかりの中、ソーセージ発見!見た目より美味しい!

テンション上がる。

Bindingというビール美味しい~!

ソーヴィニヨンブランも美味しい~!

8:10 ラウンジを出てゲートに向かう。
ターミナル1のCのB61ゲートというのがわかりにくく、またインフォメーションに訊きに行く。
すでにCのエリアにいるのか、Bゲートでいいらしい。
荷物検査、入国審査が終わってゲートへ。
そこからバスに乗って飛行機へ。
遠かったんで、かなり余裕を持った方がいいみたい。

Webチェックインで取れた席は、真ん中の列の通路側。
LCCらしいけど、食事も出るし、すでにミネラルウォーターのボトルもある。

狭いけど。

モニターはあるけどリモコンは無いし、映画はエコノミークラスは2本しか観れない。
でもスマホの充電が出来る!ありがたいー!
席は結構空いてて、皆勝手に替わってるので、窓際へ移る。

9:50→10:05 フランクフルト出発。
キュラソーまでコンドル航空にて10時間35分のフライト。

小一時間ほど寝ていたら朝ごはん。

期待してなかったのに、めっちゃ美味しそう!

ニョッキにバジル?が入っててとても美味しい!
ザワークラウトというのも初めて食べたかも。パイナップルのような味がする。
お酢を使わず発酵による乳酸の味らしい。
チョコケーキもめちゃ美味しい!
びっくりだー!

ワインが飲みたくなったけど有料だったので炭酸水にする。

昼ごはんも出るだろうから楽しみ!

CAが空席から水を回収し始めた。
持って帰ろうと思ってたから残念。

ポーラエクスプレスというアニメ。
クリスマスイブの夜に銀河鉄道が迎えに来て子供たちが冒険する話。
字幕も音声も無いけど、逆に集中出来たような。
海外のアニメは実写のような映像に燃えている。
トムハンクスそっくりな人物が出てくる。
トムハンクスがいなくても、もうよくなりそう。

ヴィクターフランケンシュタイン
これは字幕があった。
サーカスで苛められている青年が、変わりもののフランケンシュタイン博士に助け出されて、なんやかんやする話。
うーん、やっぱ音が無い方が字幕に集中出来て良い。

ふと、窓を開けてみると翼しか見えない。
席は半分くらい空いてるので他に移ろうかと思ったけど窓がガビガビなので、もういいか、となる。

着陸1時間前にやっと昼?ごはん。

お皿は殺風景だけど、これまた美味しい!

プレッツェルはとても良いにおい。
冷たいミートローフとサラダも酒を飲む前提で作ったとしか思えない濃い味付けでめちゃ美味しい!
今までターキッシュエアラインが機内食美味しさランキング第1位だったけど、はるかに超えたわ!

-オランダ(キュラソー)

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.