オランダ(キュラソー)

2019/1/16(水)キュラソーに到着

更新日:

15:25 キュラソー到着。

着陸時、天気悪そうだったけど、少し海が見えた。
マリンブルーは波打ち際だけで、すぐ沖は深い深い紺色だった。
降りてみると真夏!日差しも強いー!

キュラソーは入出国カードがある。

イミグレでは帰国便のことは聞かれなかった。
カードの半券を出発時に出すように言われる。
ここでも住人は顔認証で審査できるようになっていた。
上から見たらすごい田舎の島だと思ったけど、すごいなー!

今回、パスポート更新してから初めてのスタンプなので見てみたら...。

追記に押されていた。

なんか悲しい。

16:10 パブリックバスの看板があったので、空港を出て右に行くとbushalteと書いたバス停があった。

後で知ったがオランダ語でバス停のこと。

どこにいくとかルートの看板は無い...。
ベンチにおじさんが一人待っていたので、とりあえず横に座っていると、次々に人が現れ、おじさんに聞いてからベンチに座りだし満席になった。
あってるみたいでホッ。

バス停にシェアバンが停まり、数人が車のもとへ。

正面に行き先が書いてある。この時見れば良かった。

私の目的地へは2Aか2Cのバスだと予習してたのに、ついそのバンに乗ってしまう。
運転手も適当で、プンダに行く?と聞いてもハイハイ頷くし。
心配になって隣の女性に聞いてみると、このバンはプンダの手前のオトラバンダまでしか行かないとわかった。しかもバスの倍の2ドル。
まあ、もっと変なとこに連れていかれず良かった。

オトラバンダのバスターミナルには数台のシェアバンと白いボロいバスが停まっていた。
そこからクイーンエマブリッジへ。

ちょうど橋の門が開くところだった。

オトラバンダのモニュメント

そこで一番見たかった景観を、思いがけず最初に観てしまった。

キュラソーといえばこの画像。

今まで見てきた写真とイメージが違う。
思ってたより地味というか。
町じたいも、なーんか寂れてる感じ。
閉まってる店が目立つ。

そこから15分くらいで無事に宿に到着。

ベッド&バイク キュラソー ホステル

ここに3泊。
エクスペディアで予約済。
男女16人部屋。
1泊 2,706円

かわいい。

宿のスタッフが優しくて、丁寧に説明してくれた。
キッチンは冷蔵庫と電子レンジとかは使えるけど料理はダメらしい。
夜は入り口が閉まるので別の入り口からカードキーで入る。
部屋もカードキー。

2階でも天井広々。

ベッド下に大きなロッカーがあるけど、私の鍵ではロックすることが出来ない...。たまにそういうロッカーに遭遇する。
しかもこれ、2つないと閉まりませんけど?
仕方ないのでバックパックにキーをつけることにする。
部屋でWi-Fiできるのはいいけど、ベッドサイドにコンセントも電灯も無い。(翌日見つけてホッとする)
ロールカーテンでプライバシーが守られて素晴らしい。毛布もあってエアコンで冷えた部屋でも快適。
バスタオル、フェイスタオルのほかに足拭きタオルまでベッドの上に置いてあった。

男女別のシャワー&トイレは廊下の向こうにいっぱいあって、洗濯もしやすくて良かった。

きれいー。

脱衣場に棚やフックもある~。

シャワー浴びて今日はもうベッドでゴロゴロする。

-オランダ(キュラソー)

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.