宮城県&岩手県

2018/9/18(火)宮城県の仙台から岩手県へ移動,観光,グルメ/猊鼻渓,厳美渓,小岩井農場

更新日:

2日目。
6:40 起床。
日本人は皆早起き。
それにしてもこのカプセルホテルはシャワーとかほんと快適。
素晴らしい日本。

8:00 出発。
一応フロントのお姉さんに一ノ関行きのバスのことを聞くと、多分バスの中でもチケットは買えるだろうとの事。

コンビニで炭酸買う。炭酸きついー。

高速バス乗り場。

8:08 バス停到着。
8:05のに乗ればよかった。

8:35 10人くらい人が集まってきた。乗れるかなあ?ドキドキ。

あっさり乗れてよかったあ。

チケットはバスの中で購入。ガラガラで一安心。1,500円

充電もできる~。

10:00 一ノ関駅の西側ロータリー付近で降りる。

旅友さんと待ち合わせの一ノ関駅。

無事会えて一安心。
こういう現地集合・現地解散の旅はハマる。

駅で舟で食べる用のお弁当を買う。

今日と明日は旅友さんの組んだスケジュールに沿って観光。

日本百景の猊鼻渓。

お土産屋さんと舟乗り場。

10:30? 到着。

猊鼻渓(げいびけい)は、岩手県一関を流れる北上川の支流・砂鉄川にできた全長2kmほどの渓谷のこと。

団体さん多い。1,600円

玉を入れたらチーンと鳴るやつ。

11:00 いつの間にかやってきた団体さん達と一緒に舟に乗る。

只今閑散期。

稼働しているのは3艇くらい。

ゆったり、散策時間20分含む往復1時間半。

船頭さんが棹一本で舟下りするのはここだけとか。

高さ50mを超す迫力ある岸壁。

11:40 20分ほど探索。

折り返し地点の「三好ヶ丘」

運玉投げ。

穴に入れば願い事が叶う。
「福」「縁」「寿」「愛」「願」「運」「恋」「絆」「禄」「財」から選ぶ。
※運玉5個で100円

穴に入るどころか、全く届かず。

絵馬もある。

12:00 20分なんてあっという間。

金さんが放流した黄金鯉。

102歳の誕生会を双子のきんさんぎんさんがここでしたんだとか。
銀の鯉は行方不明らしい。

帰りの舟の中でお弁当タイム。
ちなみにうちらしか食べてなかった。

右は前沢牛ブレンドのジェット弁当1,300円。

ご飯がカチカチ。200円足してジェットにするべきだった…。

25kmほど離れた次の観光地へ。
途中で酒屋を見つけたので夜のためにいろいろ購入。

13:30? 名前の似ている厳美渓に到着。

名物かっこうだんご店側。

店舗でももちろん食べられる。

レトロな雰囲気。

ステンドグラス好き。

ガラスの小道。

突き当りは干からびた噴水。

厳美渓には散策コースみたいなのがある。

時間がないので橋の上から観るだけ。

絶景…。

猊鼻渓と厳美渓はセットで観光するところ。

ここのお目当ては、さっきのかっこうだんごこと、空飛ぶだんごをゲットすること。

お金と、個数を書いたメモをいれて、鐘を鳴らすと籠が回収されるシステム。

なかなかのスピード。

ほどなく団子とお茶が届きます。

だんご3種類って気が利いてるう~。

お腹は空いていないので、夜中に食べようということになり、お持ち帰り。
一関はモチが有名らしくて、道の駅のレストランペッタンくんの和風もちセット食べたかったな~。
お腹のスケジュール的に不可能だった。

続いて宿の近くの小岩井農場へ出発。
ちなみに岩手県は北海道の次に大きい。知らなかったー。

16時半くらいに到着。

閉園1時間前の小岩井農場。

なぜか知ってる小岩井農場。

大急ぎで観光。

とりあえず1杯。100円かな。

ここでしか飲めない!

放牧時間は午前中…。

目当ては牛。

牛舎エリアは外国みたい。

岩手人はとても優しい。

なまりが萌えだし、皆親切なんよねえ…。

こういうとこ初めてかもー?

遠足で来てるかもだけど記憶無し。

大変な仕事だな…。

雄・雌・子で分かれている。

子牛が全然こっち向いてくれない。

お花も咲いてる。だだっ広い公園だけど、ほぼ見れず。

ジェラートと岩手山。

農場を出たところに一本桜という観光スポットがあるらしいので行ってみる。

有名らしき一本桜。

小岩井農場からすぐのとこ。

桜の季節じゃないからビミョー。

ピンクの夕焼け。

19:00 松川温泉 松楓荘(しょうふうそう)に到着。
1泊2食付 7,926円
浴衣、羽織り、歯ブラシとタオルもある。

人ん家のよう。

エントランス。

食事会場。

お客は10人くらいの高齢の団体さんと夫婦とうちらだけ。

なんて優しくてあったかい味なのーー。

添加物を使ってないって言ってたから、そのせいかな。
ほんとに美味しかった。
余った炊き込みご飯はオニギリにした。

18時に来ておれば天ぷらバイキングだったらしい。アツアツで食べたかった…。

部屋食じゃないのも納得の狭さ。

この雰囲気がとても良き。

松川温泉は、乳白色のお湯で「あつめ」と「ぬるめ」の2種類の源泉かけ流し。
内風呂がとても良かった。
シャワーがなくて、横長な木の桶が設置してあり、そこからお湯を汲んで体を流す仕組み。新鮮。

別の場所の女の露天風呂は電灯が切れてたので、この内風呂から混浴露天風呂に入った。
今まで水着着用か湯あみ着用のとこしか無かったので、ほんとの混浴は初めて。

星がきれいだったー。けど湯が熱すぎ…。

一般的に男の露天風呂が自動的に混浴風呂になるらしく、景色が良かったりするらしい。
確かに女の露天風呂は屋根や衝立やなんかで外が見えにくいものが多い。

普通入浴するとき、タオルは湯舟に入れてはいけないのがマナーだけども、ここではフェイスタオルを身体に押し当ててた。
実際どうなんだろうとググると、タオルNGの混浴風呂もやはり存在するらしい。(この宿はタオルOK)
脱衣所が一緒のとこもあるらしい。
それらはさすがにムリ(;'∀')

-宮城県&岩手県

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.