スリランカ

2018/2/25(日)スリランカのヌワラエリヤ観光,グルメ/ホートンプレインズ国立公園

更新日:

15日目。
4:30 起床。
この宿からは私しかホートンプレインズ国立公園に行く人はいないみたい。
この旅初の朝食付き宿だけど、朝早いので今日は諦めてたら、昨夜サンドイッチをテーブルに置いておくからと言われた。
いい宿だ~。

5:00 送迎が来る。1,500LKR(1,062円)
中国女子2人が乗っている。
15分位進んだ時、男友達2人がまだ乗ってない、と言い出す。
結局その2人は違う車で来たけど、お金のことでもドライバーと揉めだして30分位遅れる。

6:35 駐車場近く。
300mくらい列が出来てる。
ホートンプレインズ国立公園の入場料は思ってたより安い2,900LKR(2,063円)
中国人達が私の分も買ってくれるということで団体割引がきいたらしい。
ラッキー。

いきなり大物!でテンション上がったけど、これ一頭しか観ることが出来なかった。

送迎の車。

トイレをすます。

7:20 スタート。

天気悪すぎ…。

ピンク色の土っていうか岩。

人だかりが…。

ミニワールズエンドまたはリトルワールズエンド/Little world's end 統一して!

なんも見えない。

ちょっと登ってみる。

やっぱ見えない。

ワールズエンド/World's end

突然視界が開いた!

どこが世界の終わりなんやろうか。

まあ天気が回復してくれて良かった。

でも…なんか景色がつまらない。

Baker's falls

ふうん。

また小雨に。

人が常に前後にいるし、ひたすら安全な道で見所が少なすぎる。
これで2,000円は高すぎる~。がっくりスポット。なぜここが世界遺産。

トレッキングはニュージーランドが一番楽しかったな。
まあニュージーランドはそこに行くまでのバス代やホテル代が高いんだけど。

9:40 まだまだあると思ってたけど突然一周のところに戻ってきてトレッキング終了。
のんびり歩いて2時間帯20分。

晴れてたら景色や動物の写真など撮って、もっと時間かかったのかな。

博物館みたいなのがあったのでそこで時間をつぶす。

カフェみたいなのもあった。

10:00 駐車場へ。
10:10 ドライバーが戻ってきて中にいれてくれたので、サンドイッチ少しとバナナを食べる。

バターとイチゴジャム。

バターと卵焼き。

お、美味しくない。

10:40 なぜか中国女子ではなく、中国男子の方が入れ替わりに乗ってきて、まずは駅まで送る。

ドライバーに明日のコロンボ行きについて聞いてみると、バスは渋滞がすごいから電車を勧められた。
電車だとリクシャーで駅まで行かないといけないし、椅子は固いし確実に7時間はかかる。

コロンボのエアポートバスにさえ乗れればいいので、やっぱりバスで行こうと思う。

どんどん土砂降りになってきた。

12:30 くらいに宿に到着。

ハーフの学生がチェックアウトしていて、代わりに外国人男性(ウクライナ人)が同室。
Wi-Fiは少しだけ使えたけどまた繋がらなくなった。

停電のあと、シャワーへ。
シャワーはぬるいけどギリギリ入れた。

17:00 町中へ。
野良ワンコに残ったサンドイッチをあげる。
袋カサカサすると起きるのは匂いでかなー。

でもやはりがっつきはせん。犬って食パン嫌いなんかな。

比較的きれいめのレストランを見つけたので入る。

Milano Restraunt

イタリアンではなく中華だった。

ソーセージヌードル 320LKR(227円)
サワー&スイート チキン 520LKR(370円)
ジンジャーティー 80LKR(57円)

5分くらいででてきた。

追加でポットティー 180LKR(128円)

高めの店なのにコショウ効きすぎて美味しいのは最初だけ。
スリランカ料理まずいってほんとやん。

宿に戻ると、同室のウクライナ人男性が、みんなにボルシチとラムを振る舞ってくれた!

宿のダイニングテーブルで皆でわいわい。こういうの初めてー。
まあ宿の女の子がちょっと日本語を話せたからだけど。
皆で写真撮れば良かった~~(;'∀')

宿の女の子はなんとオーナーだった。
25才で友達同士、2年間の契約でゲストハウスを開いてるらしい。
期間限定なら私もやってみたいわ!

-スリランカ

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.