インド

2018/2/18(日)インドのホスペット観光,グルメ/ハンピ,象の沐浴/バンガロールへ移動

更新日:

8日目。
7:00 チェックアウト。
宿の値段が毎日変わるので、安いところに引っ越さないといけない。
今夜の夜行でバンガロールに戻るけど、それまで宿で休憩したいので昨日の宿へ。

昨日の宿に戻って荷物を預ける。
ポカーンとしたスタッフ…。
なんかホスペットの接客は独特だ。

今日はネットで調べたラクシュミーちゃんの水浴びを観に行く。
8時前後にやってるらしい。

7:18 ハンピへ出発

とても空いてる。

初めてハンピまで一度も止まらなかった。

7:40 ハンピに到着。

涼しくてとても気持ちが良い。
やっぱ観光は午前中に限る。

チャイとか軽食のお店が出ていた。

凄い綺麗に並べてる!

晴れてるけどスモッグ。

河辺に行くと沢山のインド人達が大騒ぎで行水していた。

真正面あたりに象さんが来るはず。

トゥンガバドラー川/Tungabhadrā

欧米人観光客は川向こうにどんどん渡って行ったり渡って来たりで、ここにいるのはインド人ばかり。
象はなかなか現れない。

9:00 中学生くらいの女子グループにシスターシスターと声をかけられる。
セルフィーを撮ってとの事。
撮り合いすればいいのに、一人づつのカメラに押し合いへし合い撮られた。芸能人の気分。

ふと、ボートの方を見るとラクシュミーちゃんを発見!

慌ててそちらに向かう。

幸い来たばかりのようだった
ボートから来た欧米人十数人と見学。

丸い体がかわいい。

石鹸とたわしでゴシゴシ。

サドゥーもどきな人。

思いのほか一時間くらいしっかり洗われてた。

バケツとか使えばもっと楽だと思うんだけど。

これが観たかった。

いいなー!

かわいい。

大人しい。

バナナをもらったりしてたけど、紙幣じゃないと頭はなでてくれないみたい。

尻尾、固そう。

歩くの早い。

おうちに帰っていった。

また撮影会。

バスがいないので、声をかけてきたお姉さんのお店で朝ご飯。

チープな屋台の味だけど楽しい。

チャイ 10INR(19円)
カレープレート 30INR(58円)

食べている間にバスがやってきて停車。

会計しようとするとチャイ?と言われつい注文。そういう商売っ気は好き。

10:45 急いで飲んで、バスに乗り込むとすぐ出発。

気になる。

この時間は窓を開けていると風が気持ち良い。

11:13  ホスペット到着。

到着時、車掌にお釣りをもらいに行くと、受け取り損ねてコインを落としてしまった。
そしたら舌打ちされた。ほーんと感じ悪いわ!

酒屋がこの時間でも開いていたのでビール購入。
今日は徹底的に次のスリランカについて調べるのでお酒が必要…。

Brindavan Lodge
Booking.comにて予約済み
朝食無し ダブル
1泊 863INR(1,660円)

チェックインしたら昨日と同じ部屋だった。
半日だけとか交渉すれば安くなるかもしれんけど…。

ネットしてるとあっという間。

21:15 バスターミナルへ。
女性専用待合室にはなぜか男しかいない 。なんでや…。
バスは22:00に着くと言われたので、食堂へ。
メニューは貼ってある写真しか無いと言われ、ターリーは多かったのでフライドライスにする。

謎の葉っぱが気味悪い。

フライドライス 60INR(115円)
なぜかマイルドなカレー付
コショウが利いてて辛かったけど、美味しかった。
しかし肉を全然食べてないなー。

レモンが変な味。

ラッシーも見つけたので注文。
ラッシー 30INR(58円)
ぬるいし、ストローで飲むタイプで、北インドのラッシーとは全然違うなあ。

いい時間になったので、トイレに5INR(10円)払って入る。
トイレは二カ所ある。
広いけど暗くて汚いトイレだった。

バンガロール行きのバスを見つけて、チケットを渡すと正にそのバスだった。

事前にチケットは購入。なぜか行きより高い600INR(1,154円)
既に結構乗っている。
それにしても寝台バス最高。

22:05 ほぼ定時で出発。

すごい暴走バスで、体が何度も宙に浮いた。
前回もこうだっただろうか?
でも結構寝た。

-インド

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.