ラオス

2018/1/2(火)ラオスのルアンパバーン観光,グルメ/クアンシーの滝

更新日:

55日目。
ラオス最終日。だいぶ回復。
5:30  托鉢観るためにがんばって起床。
ふと見ると部屋のお客は半分くらいになってる。

まだ暗い中、ツリーのとこまで行くと人が集まっていたので、空いてるとこに座る。
日本語がたくさん聞こえる。

托鉢は、何十人かのグループごとに行われてるっぽい。

托鉢が始まった。

ふむふむ。

なんだか気が済んだので、朝市を覗きに行く。

こんな暗い時から働くのだなあ。すごいな。

何か全くわからない。

これはなに?食べるの?

蝙蝠…こうもり。

亀。

五平餅みたいなのを見つけた。2,000LAK(28円)

塩辛いだけで、美味しいとは思わなかった。

ひっきりなしに何かを塗るので、味が濃くなるのではと思ってたけどそうでもなかった。

メコン川で捕れる魚かな。

なんか気持ち悪い魚。

めちゃ上向いてる。

食堂でお粥を見つけた!読めん!

ひっしで指さして注文。

卵入りのお粥 10,000LAK(140円)。コショウがめちゃ利いてて美味しい。

思ってたより広い。楽しい。

カエルをどうする。

こんなかわいいお店もある。美味しそう。

部屋で休憩。
この後クアンシーの滝ツアー 50,000LAK(700円)

11:30→11:50 ピックアップバンが来る。

トゥクトゥクかもと思ってたけどさすがに違った。
後部座席でぎゅうぎゅう。体重移動がしんどい。

途中でエントラスフィー20,000LAK(280円)回収される。

12:50 クアンシーの滝に到着。

集合は16:00とのこと。
ホテルに着くのが16:00だと思ってたのになあ。
もう少しお金を持ってくれば良かった。

月の輪熊保護センターみたいな所が思ってたよりちゃんとしてた。

こぐまちゃん。

なぜか壁に埋め込まれてるクマ類たち。

マレーグマもいる。

こっち向いてくれん!

きれい。

石灰棚になってて綺麗。

もういくつこんなきれいなブルーを見てるかな。

メインの大きな滝。

上に登るとこもあるけど、引き返す。

近くのお寺には誰もいない。

15:00 これ以上時間がつぶれないのでお昼ご飯。

駐車場付近は高いのでクアンシーの入り口付近で。
パッタイ食べたかったのに無いので、焼きそばにする。

注文してから20分経っても出てこない。遅すぎる。お客は皆帰ってゼロなのに。
別の女の子に確認してもらったら、10分後に出てきた。

玉ねぎが全部生で悲しい。

フライドヌードルベジタブル 15,000LAK(280円)
ビアラオ 小ボトル 10,000LAK(140円)
持ってきたお金がきれいに無くなった。
トイレがどこも無料で良かった。

16:00 どこかに行っていたらしいバンが戻ってきて無事乗車。

行きと席が代わって隣が韓国人親子だった。
私を滝で見かけた時に旅慣れてそうだと思ったらしい。
奥さんはキムタクファンで、それで大学で日本語を勉強したそうで、盛り上がった。
楽しいおしゃべりで帰りはあっという間。

部屋に戻ろうとすると、前を歩いていた同じ宿のカップルの女子の方が声をかけてきた。
英語が流ちょうなので日本人とは思ってなかったのでびっくり。
さっきのアホな会話も全部聞かれてたのね…。

彼女は21歳の帰国子女。
さらに留学していたけど目的がはっきりわからず、それなら世界一周しようと半年バイトで貯めたお金でタイから旅を始めたばかりらしい。
そこで同い年の王子様みたいなドイツ人と出会って、一緒に旅をしているんだと。
まぶしい。目がつぶれる。

もっと話をしたかったけど、外が暗くなってきたので、出かける。

18:00 プーシーの丘へ。

昨夜は無料だったと彼女に聞いたけど、まだ時間が早いのかしっかり受付は開いていた。

入場料 20,000LAK(280円)

でも日付は明日になっていて、明日分を売りつけられた模様。

10人くらい人がいた。

登ってるうちにすっかり夜になってしまった。

30分もたたず丘を降りて、お土産屋を物色。

かわいいパンツ購入。金額を50円勘違いして、値下げを甘くしてしまい調子狂う。

12,000LAKのビュッフェは種類が少なかったので、結局15,000LAK(210円)のお店へ。

冷めすぎだけど、思ってたより美味しい。

天気と病気のせいで満喫できなかったのもあるけど、またラオスには来るかもな。

-ラオス

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.