フィリピン

2018/1/16(火)フィリピンのドゥマゲテ(ネグロス島)観光,グルメ/アポ島

更新日:

69日目。
送風にしたせいか、蒸し蒸しして今度はほとんど眠れなかった。
寝坊が怖いので寝るのを諦める。

6:45 宿のレセプションへ。
アポ島ツアーの受付書類に記入。
しばらく待たされて、外の2つ隣のドアが開いたのでそこで支払受付。

ダイビングショップの受付。

ほとんどの人が当日支払いのようだった。

シュノーケル一式貸してくれて、朝昼ご飯付きで船出してもらえてシュノーケル3回たっぷりやらせてもらえて1,200PHP(2,682円)は安いわー!

マスクはかなり年期が入ってたので、結局部屋から自分のを取りに行った。

トラック2台で船着き場へ。行きは助手席に座れてラッキー。
この後Why notというディスコに行こうと誘われたけど、適当にかわす。

船着き場のボートハウスにはワンコがいっぱい。
毛並みもいいし、可愛がられてるんだろな。

この顔たまらん~。

南国感のあるビーチ。

天気は…かなーり悪い。

ボートに乗ってまた少し待たされ、やっとアポアイランドへ。
といっても上陸は最後までせずその手前でボートは停まって残念。

シュノーケル組とダイビング組が同じ場所でやるせいか、なんか随分待ち時間が多い。
朝ご飯はバナナと食パンとジャムとコーヒー。
バナナも焼かない食パンも苦手なので、昨日の朝ホステルで取ってきたパンを食べる。

そして船の上で紹介されるガイドが、3人くらい代わってやっと落ち着いたと思ったらすごい色々話しかけてくる。
好みの相手を選んでたのだろうか…。

何してるんやろう…。

ガイドのフィン。雪下駄みたい。

1本目。

最初のシュノーケルで、いきなり亀とご対面。

ガイドにカメラを預けたので水の中はずっとガイド撮影。

こういうのは要らんねん…。

ガイドが作ってくれた輪っか。素潜りできるのすごいわ~。

寒すぎる。無理。

水深が深いのもあって、魚はかなり小さく見えた。
待ってる間にどんどん天気は悪くなるし、一度も太陽は見えなかったけど、見れたらほんと、きれいだったと思う。
珊瑚礁は素晴らしかった。
でもガイドは私とか亀とかナマコとかのドアップばっかり撮ってて、全然珊瑚礁の写真が無い~~!

2本目のシュノーケルは雨が降ってきて、寒くてたまらなかったのでやらなかったら、キッチンは暖かいぞと言われガイドと二人で狭い中入れられた。
そこで、スタッフの賄いご飯を食べさせてもらって楽しかった。

イワシの煮こんだのと、トウモロコシの粉を蒸してご飯みたいなのにしたやつ。

ランチは作り置きの焼きそばにゆで卵。

時間が経ってるから水っぽいけど、味は美味しかった。
デザートにスイカも。

3本目のシュノーケルも断ってたけど、ガイドが強く誘ってくれて良かった。

ほんとに海の中の方が暖かい。亀と沢山泳げた。

亀は1匹しかいなかった~。ずっと同じ亀かも。

ヒトデってStarfishって言うんやねえ。

皆優しかった。

日本人ダイバーのとこで働いたことがあるから少し日本語を喋れる人がいた。
その人はめんどくさい話をしてこない人だったので、隣で英語のクロスワードパズルのアプリをやってるのを見てた。

帰りは荷台に乗って、無事宿に到着。
借りてた物を返して、部屋に戻ると昨日の女性はいなくなってて、代わりに黒人女性が寝ていた。

パリジェンヌの積極的な人だった。
なぜかスマホのチャージャーを持ってないというので貸してあげた。
エアコンも切ってくれと言われたので切ったけど、夜中はどうだろう。
外は涼しいんだけどなあ。
毎回思うけど、今あったばかりの人にいろいろ言えるのって絶対文化の違いよな。

近くで食事できるお店を捜そうと、行ったことのない方向に行ってみるとすぐ、見つかった。
手軽な感じのバーガー屋さんのメニューにシシグがあったのでそれとアボカドシェイクを頼むとバーガーしかないと言われる。
今日はどうしてもシシグが食べたいので、更に道を進むとめちゃ良いお店発見!

カランボス/Kurambos

肉はかなり木っ端みじん。

味濃い目。美味しい~~。

中指は立ててません…。

シシグ 110PHP(246円)
スパイシーライス(焼きめし)55PHP(123円)
スイカシェイク 49PHP(109円)

大満足!!
ビールがあれば言うこと無しなのになー。

今日ずぶぬれになった洗濯物は、明日の朝どの程度乾いてるかなあ。

-フィリピン

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.