ミャンマー

2017/12/20(水)ミャンマーのヤンゴン観光,グルメ/ヤンゴン環状線

更新日:

42日目。
幸いお腹の具合は治ったようなので、ヤンゴンの環状線に挑戦。

ラスクみたいな小さい食パン。

靴を並べる時もある。

今回はサウジアラビア人もいないし、リラックスできた~。

日本のタクシー。

9:30 Grabでタクシーを呼んでヤンゴン駅まで。カード払い160円
ヤンゴンではUberとGrabのどっちも使えて便利。

駅前のロータリーは入場料がいるみたいだったので、手前で降りる!って言ったのだけど、なぜか運転手が100MMK(9円)払った。

環状線のチケットは6と7のホームで買えると予習済み。

ホームに行くと、若い女の子がサークルチケットはこっち!と、売り場の目の前で案内。
案の定、切符を買った後、ウォーター?って売り込み出したので「持っている」と断るとすぐいなくなった。

時刻表ぽいものはビルマ語表記しかなく、受付の人が10:10と手書きで書いた紙を見せてきた。
欧米人が近くに何人かいて同じ電車を待っていたので安心。

市場のあるダニンゴン/Danyingon駅で降りて見物して次の電車に乗りたいけど、ちゃんと乗れるかドキドキ。

ヤンゴンからヤンゴンへ。

どこで降りても200MMK(17円)

10:14 出発 右回り。

1周3時間の超ノロノロ鉄道。

ベンチは固い。

隣親子の母親らしき方が、ずっーーとダミ声で喋っててうるさかった。
車内は七割方の混み具合。

ミャンマー人は草の上で洗濯物を乾かすらしい。

反対車両は結構混んでいた。本数が少ないからかな。

11時頃、待ちに待った即席飯を作る女性が乗り込んできた。

手際よく、袋に詰めてくれる。

隣の女性2人がそれぞれ違うものを頼んでいたので、その2つを注文。

茶葉サラダ 300MMK(26円)
んー、味はいまいち。

欲張ってもう一つも。んー、これまたいまいち。パパイヤサラダ 300MMK(26円)

隣の女子2人に見習って、窓からビニールはポイ。
それにしても安いわー!
茶葉サラダは三度目だけど、最初にインレーで食べたのが一番美味しかったなあ。

11:35 ダニンゴン/Danyingon駅 到着。

窓から出し入れが新鮮に見える。

欧米人は誰も降りなかった。どこに行くのかな。

線路やホームに思ったほどお店などは出ておらず、すぐ横のマーケットへ。

そんなに変わったものは無かった。

豆腐を見つけるとなぜか嬉しい。

トマトのヘタは皆取れてる。

マーケットはかなり大きいけど、道が狭くて通り過ぎるのがやっと。

きれいに並べてある。

トウモロコシの皮でいっぱいの床。

なんか観光客は居づらい雰囲気だった。

なんと15分ほどで見終わってしまった。

市場がどんどん広がっていったんかな?

反対側にベンチがあったのでそこで次の電車を待つ。

12:20 左回りの電車が来て空いていたので乗ることに。

一周ではなく半周を往復した形になった。

のどかな風景が沢山流れる。

イチャイチャ禁止。

後ろのドアも開いたまま。

環状線名物、踏切は手動!

ヤンゴン駅のふたつ前の駅で降りると宿から近いので、そこで降りる。

等間隔で寝るわんこ達。

ペットショップのわんこ。血統書とかは無さそう。

まぶたたまらん~。

この尾っぽは発情中なのだろうか。

16:00 部屋でぼーっとしてから、いつものFamily Foot Spaに出かける。
最後なのでたっぷりやってもらう。

フット 1h 5,500MMK(478円)
ボディ 1.5h 10,000MMK(869円)

前回のお姉さんが担当してくれたけど、やっぱ力つよすぎ…ボディも足が重点的で、腰とかもっとやってほしかったけど、この値段でこれだけやってくれるのはありがたい。

お釣りの500MMK(43円)をチップでお姉さんに渡した。

18:30 昨日の屋台に行ってみたらもう閉まってた!ショック!

お惣菜のお持ち帰りのお店ぽい。勇気が出ず。

しあわせすし。

明日のタクシー代を抜くと残り1,1000MMKしか持ってない。
ポテチくらいしか買えないかも…と思いつつ、ナイトマーケットでお兄さんに、モヒンガーがあるか聞いてみる。
モヒンガーは無いけどシャンヌードル(シャンカウスエ)なら1,000MMK(87円)であると言われそれにする。

見るからに美味しそう。

今までで一番美味しいシャンヌードル(シャンカウスエ)だった!
私の大好きな油そばに近い。

大満足のヤンゴンだった。お腹治って良かった。

-ミャンマー

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.