ミャンマー

2017/12/13(水)ミャンマーのマンダレー観光,グルメ/アマラプラ,ザガイン,インワ

更新日:

35日目。
5:30 マンダレーのバスターミナルに到着。
ここからダウンタウンまで離れてるからまた交渉だ。

タクシー4,000は鼻で笑われる。7,000が相場なんだと。
バイタクが3,000→相場の2,500MMK(217円)になったので乗ることに。
バックパックがある時は無理だろうと思っていたバイタクだったけど、前のスペースに置いたら余裕だった。
今までタクシーもったいなかったな。

しかし30キロ位しかスピードが出ないバイクだったので、思ったより遠かった。
明日3都市ツアー10,000MMKでやるよ、って言われた(Sさんは18,000で行ったと言っていた)。
安いけどこのスピードでは…。

バイタク、癖になりそう。

Downtown @ Mandalay
Booking.comにて予約済み。
1泊 1,159円(最終日のみ779円)

なぜ浴衣でバックパッカーしようと思うのか。

宿でチェックインしているときに、残り1人のカーシェアツアーの勧誘を受けたので、それに乗ることにした。

アマラプラ、ザガイン、インワを巡る。
38,000を4人でシェアで1人9,500MMK(826円)
シャワーはとても快適!さっぱりして少し仮眠。
斜めの人の寝息がうるさくて眠れなかった。

8:30 宿にランドリーサービスがあったので出す。
9:00 出発。

なぜこの国だけ巻きスカートが流行ったのかなー。

ドライバーは優しそうな細い年配の方。
アイスランド老夫婦と韓国人男性。
座席位置は婦人の提案で交代で座る事になった。

まずはマンダレーのMaharmuni pagoda/マハムニ・パゴダ。

カメラ持ち込料 1,000MMK(87円)

ここから有料。

配色がほんとイヤ。

なぜ短パンで来るのか。

自分が生まれた曜日の仏像に水をかけるとかなんとか。

ピラミッドっぽい。

幸福の王子みたい。

安心しきった顔の犬に、こっちまで癒される。

ハンドクラフト工房見学。

落とし物かな。

人間と一緒のとこに座りたいんやね。

10:00 マハーガンダーヨン僧院/Mahagandhayon

ついに托鉢(たくはつ)を見学!

参拝の人がおやつを上に乗せていくのを、無表情で受け取る小坊主さん達。

ぐるぐる巻き。

見世物感。

左の子がめちゃかわいい。女の子みたい。

2,000人いるらしい…多すぎる。

お食事タイム。

インレーで会ったSさんは、中に入って撮影したとか言ってたけど、すごいな。

僧侶のガイドでウロウロ。

11:05 機織り工房。

すごいカレンダー。

大して眺めが良くないけど、写真スポットらしい。

ダンディーなドライバー。

12:00 Sitagu International Buddhist Academy

スイカの種ってすごいな。

Umin Thounzeh Paya

さっきいたとこ。

Soon U Ponya Shin Pagoda

弱弱しい顔の子。

おもちゃみたい~。

大きくなりそう。

13:00 インワのレストランでランチ
焼きめし(スープ付)2,500MMK(217円)

あんまり美味しくなかった。

リクシャー発見。

毛の短い子の方が好き。

13:40 船で川を渡る 往復1,400MMK(122円)

馬車が待ち構えてる。

明朗会計の模様。

韓国人男性とシェア。5,000MMK(435円)

馬車のドライバー。

14:20 ヤタナーシンメ・パヤー

マンダレーの入域料をここで徴収される。10,000MMK(869円)

14:40 バガヤー僧院

屋根が無い。

かっこいい。

道がめちゃくちゃ悪くて、悲鳴をあげるほど。

ナンミイン監視棟

登るのは禁止。

アハーアウンミェ僧院

ひまわり畑。

16:00 ウー・ベイン橋到着。

パパイヤかな。

謎。

こういうスキマが怖くて足が震える。

皆、平気で歩いてる…。

アイスランド老夫婦は1.2kmの橋を往復するという。
旦那さんは40年ぶりのミャンマー旅行らしい。
駐車場で待ち合わせすることに。

気になるキラキラ寺院。

先に引き返した韓国人男性は絶対いい場所でビールを飲んでるだろう、と探したけど見つからない。
良い場所を見つけて、メニューを見ると生ミャンマービール1,000MMK(87円)!

嬉しくて頼んだのに2,000の缶しか無いと言うから頼んだらそれも無いという。
結局瓶しか無いらしいから、2,500MMK(217円)のを頼んだらあまり冷えてない。
文句を言うと氷入りのグラスが出てきたので諦める。

Tuborgというビール。あまり美味しくないー。

朝焼けみたいな写真が撮れた。

幸せそうなカップル。

17:20  店を出て、橋の下でサンセットを迎える。

駐車場に戻っていると、別の場所で飲んでいたという韓国人男性が見つけてくれた。

その後アイスランド老夫婦が現れ、ドライバーも含めての記念撮影。
ドライバーの友達に頼んで撮ってもらったけど、オジサンはスマホのカメラが下手だと確信した。
ぶれぶれ。
朝のバイタクの運転手にそこで会って苦笑。

18:20 宿に到着。
久しぶりにちゃんと観光した気がする。
とっても充実感。
明日は何をしようかな。

-ミャンマー

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.