ミャンマー

2017/12/1(金)ミャンマーのヤンゴン観光,グルメ/ナイトマーケット

更新日:

23日目。
起きたら10時。
昨夜から咳が止まらない。

ロッカーの鍵が欲しいと昨日言ったら、明日渡すと言われたので聞いてみると、無いと言われる…。
まあ貴重品持っていれば大丈夫かな。

今日はアウンガラミラーバスターミナルに行ってみる。

熱中症予防のため?飲み水があちこちに設定されている。

人力車のサイカー。

ローカルな雰囲気がたまらん。

知らない国はやはり新鮮。
何となく中国ぽい。

アンテナいっぱい。

配色のセンス…。

小銭が欲しかったので、路上の屋台飯ではなく、キレイめでお客さんが入ってるお店へ。
表の店員さんが大きな鍋を指差して「チキンビリヤニ?」と聞いてくれたのでそれにする。

看板にはインディアンフードとある。

ローカルで賑わってる。

店内にはメニューらしきものは無い。

ミャンマー料理はお惣菜がいっぱいつく。韓国料理みたい。

チキンビリヤニと、ミニカレースープ。
それからトマト煮込みとポテトの煮込みと食べるラー油と生タマネギの酢漬け、塩と青唐辛子が並んだ。
いっぱい食べられて嬉しい!
会計すると2,200MMK(191円)やっすーい。

トイレを借りた。
奥のキッチンの横にあったのだけど、大きなドブネズミが目の前を横切っていったのと、店内とキッチンのギャップに衝撃を受けた。すごいな。

トイレ行く時に見える光景。

ペンギンの足跡かと思ったらアディダスだった。

ドラム缶ブランコ。

それからスーレーパゴダ前のバス停に行くも、全然バスターミナル行きの43番のバスが来ない。(ネット情報ではもうこのバスは無いかも?)バスが来たとしても、混んでて一時間も立つのは無理なので、駅前のバス会社からチケットを買うことにする。
地図の見方を間違え、遠回りながらもなんとか到着。
ちょっと思ってる感じではなく、目に付いたお店に飛び込む。

バス会社が集まってるところ。

ちゃんとアプリを見せながら、空席を教えてくれる。
寝台のシングルがあったのでそれにする。
ヤンゴンからバガンまで 18,500MMK(1,609円)

手数料などは取られなかった。
だけど駅前までのピックアップは無く、アウンガラミラーバスターミナルまで行かないといけないとの事。
タクシーを進められたけど、早めにローカルバスで行こうと思う。

ヤンゴン駅。

スーパーで飲み物を購入。
ファンタフルーツミックス 450MMK(39円)
ビール 750MMK(65円)
ライトビール 600MMK(52円)
安すぎてやばい!

ドアは開きっぱなし。

マハ バンドゥーラ公園。

海外の散髪屋さんが好き。

全てのお札に落書きがある。

安心するバスチケット。

宿では長々とヤンゴンにいるらしいサウジアラビア人にいろいろ話しかけられた。
疲れて早々自分のベッドへ。

すると、彼にカーテンをノックされ、何か言われるけど、わからずにいたら、見て!と言われしぶしぶ見に行ったら、パソコンのボルタリングの画像だった。
8,000MMKで出来ると誘っているらしい。
すぐ断るのは悪いので、考えとくと言って逃げる。
そして部屋で夕方まで寝落ち。

17:30 スーレーパゴダのライトアップでも見に行こうかなと、外に出る。
夜に外に出る気になるなんて、ちょっと慣れてきて危ないかもな、と暗い道を見て思い直す。
地図を見るとナイトマーケットがすぐ側の大通りにあるらしいのでそれを見学する事にする。

ナイトマーケット。

マーケットといいつつバーベキューなどの飲食店だけが一キロ近く並んでる。
なんだか治安は良さそう。

お寿司もある。

興味津々で歩いて、メニューを見ていると、優しいかんじのお姉さんに誘導されてしまった(重要)。

メニューに英語はあるけど、値段がビルマ語

ほんとはラーメンが食べたかったけど、焼きそばが来てしまった。
野菜たっぷりのバラエティヌードル。豚ミンチ入りにした。
スープもタバスコ風ソースをかけたミニ野菜も美味しいー!
2,500MMK(217円)
昼より高いのは意外だけど。

ものすごく気になる。

タコは入ってるのかな?

明日はレイトチェックアウト出来るので、のんびりしよう。

-ミャンマー

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.