インド

2017/11/9(木)日本からインドのムンバイへ移動

更新日:

どんどん旅が長くなっていく今日このごろ。
相変わらず英語は出来ないけど、それももう慣れた(^^;)

今回は東南アジア周遊(*´Д`*)
インド、ミャンマー、タイ、ラオス、台湾、フィリピン。
初訪問の国はミャンマーとラオス。

大昔にタイに行った時はゾウ乗りに全く興味無かったのになー。
今回は乗りたくてたまらない。
インドにも、少し前まで独りで行くなんてとても考えられなかった。
大人になると好みは変わる。

いつも紙に日記を書いてたけど、結局入力する元気が無くて写真ばかり。
もったいないので、毎日Googleドキュメントに入力して、それをコピペすることにした。

1日目。
まずはインドに向かいます。
昼間の移動に備えて数時間の睡眠にしておく。
南大阪の台風の影響(来てたの知らなかった)でJRが本数減らして運行だと路線アプリにはあったけど、問題なく3時間前には関空に到着。

エアチャイナのカウンターで、インド出国のチケット情報をメモされる。
他の国では聞かれる程度だったような。ちゃんとしてるなー。
アライバルビザの申告用紙もここでもらえた。

チェックイン後、いつものKALラウンジで朝ご飯(プライオリティパス使用)。


美味しくないけど食べてしまうオニギリ。
人多いせいか、Wi-Fiがめちゃ弱かった。

13:40→13:30 関空 発
エアチャイナ航空で3時間20分のフライト。
モニターが目の前に無い機内だったので、逆に爆睡できた。
3人席で真ん中いない通路側。

ビーフorチキン?じゃなくて、ビーフライスorチキンライス?って訊かれたのが印象的。
あと、CAが缶ビール開けたときにプシュー!となって、私の服にかかったのに、CAはまず、自分のエプロン拭いて、そのウェットティッシュみたいなので私の服を拭いた。
日本人なら許さんけど(まあ日本人ならそんなことしない)、外人はなんだか許してしまう。

16:00 北京空港 着
しかし20分くらいなぜかそのまま動かない時間があった。
やっと機内から出られても、国際線乗り継ぎ時の荷物検査に1時間はかかった!
金属がダメみたいで、コイン一枚(50円玉があった)見逃さない!
北京空港初めてだけどいつもこうなのかな?
上海はこんな厳しくなかったような。

北京空港は日本より寒く感じた。
次の飛行機まで、まだ二時間弱あるので、楽しみにしてたエアチャイナのファーストクラスラウンジへ。


が!全然ファーストクラスじゃなかった。ふつーと変わらない。
それにお酒は有料みたいだし、イマイチなお菓子しかないし...。なによりWi-Fi全然繋がらない!残念すぎる。
そしてたまにいるんだけど、ラウンジのトイレにずっと清掃の人がいた。
個室を出たらすぐ清掃に入る。
常に綺麗に保つつためなんだろうけど、私は何回も行くし、音姫の生まれた国で育ってるので、とても気まずい。

19:55 北京空港 発
エアチャイナにて、7時間50分のフライト。
ビジネスはガラガラだったのだけど、エコノミー席の空間に入ったとたん、空気が変わった!!
体臭と香水が混じっててムンムンしてる。早くもインドを感じたー。

真ん中4席の通路側。真ん中2席空いててラッキー。


見た目カレーだけど、辛いだけでカレーじゃなかった。


「3月のライオン」 めちゃ良かったー原作のイメージあまり壊れてない。


「リライフ」 つまらん、最後まで飛ばしたけどラストもつまらん。
日本語がこの2本しかなかった。


うーんな朝ごはん。

-インド

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.