インド

2017/11/24(金)インドのアムリトサル観光,グルメ/ゴールデンテンプル(シク教の黄金寺院)

更新日:

16日目。
6:42 →8:33 アムリトサルに到着。
時々ものすごく渋滞してた。
電車だと、到着が昼過ぎか夕方のしかなかったので、バスで来れたのは結果良かった。

すごい霧が発生。


すぐ壊れそう。

このバスはバスターミナルではなく、鉄道駅のそばで止まった。
幸い歩ける距離だったので、歩いて宿へ。
Maps.meで出たルートが、何本もある線路をまたぐルートだった笑

踏切とか橋とか無い。


神々しい。


アムリトサルはターバンを巻いているシク教の聖地。

Backpackers NEXT
女4人部屋を予約済。

ウエルカムドリンクで水を出してくれた。
昨日ほぼ水すら口にしてないので、有り難くいただいた。

ベッドはまだ掃除されてないので、シャワー使ってサッパリ。

コモンスペースにドミトリーのベッドが置いてあった。すごい。

11時くらいに掃除が終わったので昼寝する。
17時まで寝てしまった…。

寝癖がすごいけど、黄金寺院に入るには布で髪を隠さないといけないので、問題無し。


布ばかり売ってる狭い商店街を抜けて15分ほどで到着。

とても広い広場。
気づけば皆、裸足で歩いてるので、慌てて靴を預ける所を探す。

読めないけどタグを渡される。

中に入ると写真以上に美しい黄金寺院が現れた。
アムリタ サラス(不死の池)に浮かぶ寺院を白い建物が囲んでいる。
観光客は少ないようにみえる。


足を清める所。


水をくれるところ?


沐浴するところ。
鯉が泳いでるんだけど…。

しばらく写真を撮って、次に食事をさせてくれる所を探す。
すぐ見つかった。

前を歩いてる人に習って銀のプレートを受け取り進んでいく。
1階もあるようだが私が入ったのは2階の大広間。思ってたより人は少ない。(1階はきっといっぱい)

すぐにカレー2種と甘いオカユみたいなのと、ロティ(チャパティ)2枚がお皿の上に落とされる。
カレーは温いけどなかなか美味しい。
ふと隣をみると、水の入ったお椀があり、スプーンで食べてる。
いいなあ…と想っていたら、目の前にお椀と薬缶をもった方が。

指を指すと、渡してくれるので受け取ろうとしたら、床に置かれる。
スプーンもポケットから取り出されたので指さして受け取ろうとしたら、両手をお皿の形にされたので、真似すると、手のひらに落とされた。なるほど、そうゆうルールなのね。

ロティおかわりして完食。
みんな食べるの早い!
清掃の人が待ち構えてるので慌てて食べた。
宗教関係なく、無料でこんないいものを振る舞ってくれるなんて、本当に感謝しかない。


多分ロティの調理場。多分ボランティア。

空いた食器を食器置き場に持って行き、出口に出ると、ここでも豆カレーかなにかを振る舞われていた。
気になる。また明日も来よう。


黄金寺院への長蛇の列。

池前でしばらく座っているとシク教徒の方にわかりやすい英語で話しかけられた。
毎晩9時半にceremonyがあるとのこと。
明日行きますと答えたが、後で次の行先のチケットを確認したら22時だったから無理だあ。

帰りは大通りから帰った。思ったより都会!
マクドはデリーで行ってみたいな。

-インド

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.