インド

2017/11/14(火)インドのウダイプル観光/シャグディーシュ寺院,シティパレス,バゴーレ・キ・ハヴェーリ

更新日:

6日目。
朝はダラダラして11時半出発。
まずはシャグディーシュ寺院。

うれしい無料。
階段登ったら靴を脱がないといけない。

中はカメラ禁止だけど、色とりどりのサリー姿の女性達はお花畑みたいでとっても素敵。


豆?


立体的な彫り物。


ぎっしり。


美しい~。

建物の彫り物も見応えあるし、階段下でお花を売っている姿も絵になる。

続いてシティパレスに向かう途中、レストランの食事メニュー見てたら誘導されて、つい。

Pav baji パプバジ (野菜カレーとバタートースト)100INR(174円)
Limka レモンスカッシュ 40INR(70円)
バターってお腹膨らむわ。
パン残してしまった。
生のタマネギって辛いだけなんやけどなー。


素敵な飾り付けのお店。
そこで靴脱ぐのかー。
じっくり見たいけど、買わないので見れない小心者。

シティパレスは値上がりしてて300INR(522円)
その代わり?カメラ代は取られなかった。
ガイドのセールスもしつこくなく、独りでのんびり見れた。


スモッグ。


躍動感のある象。


多分、中谷美紀が泊まったタージレイクパレス。
お高いんでしょう。


象にみせかけるための付け鼻をつけた馬の置物笑


こういう鮮やかなステンドグラス好き!

全てが素晴らしい。
インドの建物はとっても好み。

バゴーレ キ ハヴェーリのショーのチケットを取りに行ったら、当日券は18時15分から発売なので出直すことに。


あっち向いてても怖い。


手作り風レモンスカッシュを飲む勇気は出なかった。


湖に洗濯しに行く女性。


インド人はスタイルが良い~。

旧市街を気ままにブラブラ。
宝石店が並んでいるところを通ってみたら、皆敷き布団みたいなのを店内に敷き詰めてた。
ソファーのつもりなんかな。

そしてゴールド系で細かい柄のゾウ柄のテロテロしたパンツを探してさ迷った。
言い値の相場は250INR(435円)。でもなかなか好みのが見つからない。

最後諦めかけた時、ハテハデなパンツに一目惚れ。(これじゃない)
素材がレーヨンといいつつパリパリなので、洗濯後どうなるかわからないけど2つで600INRを500INR(870円)にしてもらって、満足。

部屋に帰って同室のドイツ女性と少し話す。
インドだけで4ヶ月の旅らしい。荷物が多いはずだ。今夜出るのでとの事。
列車の時間までルーフカフェでお茶するといって入れ替わりに掃除のスタッフが入ってきた。
いい人だけど出て行ってくれない笑

まあ今回は英語というかコミュ力強化の旅なので疲れるまでがんばって話す。(そんなことを最初は思っていたのか)
今夜私は独りらしい。ラッキー。
幸い内鍵が閉まるので安心して寝られる。

18:30 バゴーレ キ ハヴェーリに着くと、大行列。

チケット150INR(261円)払うとそのまま中に誘導される。
屋内だと勝手に思ってたら屋外だった。
すでに9割方埋まっていた。


ショーは歌、踊り、劇風、人形劇、大道芸?だった。
お客ばかりほぼ欧米人。

そんな空間に独りでいる自分がおかしかった。
言葉全くわからなくても一時間ならちょうどよい時間つぶし。
カメラ撮影は別料金だけど、スマホで皆こっそり撮っていた。
最後にビチョーラ湖見て、お菓子買って部屋に戻る。

宿は一階のカフェから入るんだけど、入ったとたん、なんか足が冷たく感じ、視界にあってはならんものが…。

靴の上にウ○コついてる!
踏んだんじゃなくて、落ちたか飛んできたかって感じ!

さっき牛の横通ったときにやられたのか??なぞ!
一回外にでて靴マットになすりつけてから、カフェに入ったら、様子がおかしい私に店員が何かあったの?と話しかけてきたけど、ごまかす。ごめんなさい…。ごめんなさい…。

部屋に誰もいなくて良かったー!
めっちゃ洗う。パンツの裾にも付いてるし。
これからも何回もあるかな…。インドだもの。

昨日もだけど外で音楽が聞こえるから窓から覗いたらパレードみたいなのをしていた。
上から見てるうちに遠くに行ってしまい残念。
ちゃんと近くで見たかったなー。

22:00 二人組の欧米人女性が入ってきたけど、すぐ寝てくれて一安心。

-インド

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.