インド

2017/11/10(金)インドのムンバイ観光,グルメ/市内,エレファンタ島

更新日:

2日目。
1:15 →1:45? チャトラパティ シヴァージー国際空港 着

今回ムンバイにやって来たのには理由があって、昨年8月にインドのラダックで知りあった旅友が住んでるからなのです。
正直都会に興味がないので、ムンバイには行かない予定だったけど、デリーinが恐ろしすぎて、肩慣らしの意味のムンバイ。(インドは二回目だけど初回はインドらしくないラダックだった)

誘った手前責任を感じてくれたのか、夜中なのに空港まで迎えに来てくれるという。神か…。

入国するにはアライバルビザを取得しないといけない。
前回のデリー同様、夜中なので係員がいない。
アライバルビザ専用ブースみたいなとこに女性がいたので聞いてみたけど、ここじゃないって言われる。
わたし日本人!アライバルビザほしい!って言ってやっと別の人を呼びにいってくれる。
そして待たされる…。
インドルピかドルしか受付ないと言われる。
(クレカはダメと言われたけど、係員が機械を取りに行くのを渋った気がする)
両替しに行くのも面倒なのでドルで支払うと言ったら35$(4,057円)も請求された。ルピーなら2,000INR(3,478円)

申請用紙は書き間違えても二重線で訂正OK。
顔写真撮られて、指紋取られて、バゲージレーンの先の両替所まで係員に連れられてお金を支払う。(ここで両替したほうがちょっとは得だったのかな?)
入国手続きもビザ取得と同時に済まされてるのでバゲージレーンに戻って解放される。
1時間以上やっぱかかるね!

3時過ぎ、無事に荷物を回収し外に出ると、インド人の壁。
とりあえず待ち合わせ場所のスタバを探してる最中に友達が見つけてくれて無事合流!
出待ちしてくれてたー!嬉しい!


タクシーカウンターでお金を支払ってくれ、タクシーで15分ほどの友達の住むマンションへ。


ゲストハウスのようだった。


9時まで寝て、朝ごはん~。


10時過ぎに近所のボーダフォンへ。(両替はネットのレートで友達がしてくれた♪1INR=1.73円)
インドでは列車の予約を取るのに電話番号が必要らしいので、SIMを買うことにした。
番号札を取って、プリペイドの申請用紙に記入。
なぜかインド在住の身元保証人が必要。
知らなかった...旅行者にSIM持たす気ないのか?友達がなってくれる。
515INR(896円)支払う。
1カ月で70分通話、ネット5ギガまで。(2ギガのはずが、スマホを確認したら違った。多分ラッキー?)

11時くらい...友達がUberを呼んでくれ、そこから1時間の世界遺産、チャトラパティ シヴァージー ターミナス(CST駅)駅へ。


駅の右手の建物の二階の20番が外国人専用窓口。
事前に調べていた情報を書いて提出。
幸い6枚のチケットが一応取れた。
一つだけRACという、席は未確定だけど列車には乗れる、というやつだったんだけど…。
キャンセルが出なければほんとに10時間席に座れないのだろうか??
床に座る覚悟をしなければ…。


いい~インド人がいっぱい~。


寝そべるインド人最高~。


犬もいいポジション。

アプリで調べていたより8パーセントほど値段は安かった。
アプリで購入時は8パーセントの手数料がかかるってことかな?
ひとつだけなぜか30パーセント位値段が高かったのがあったけど…。よくわからんけど元が安いからいいか。

13:30


サトウキビジュース屋さんがあちこちにある。
飲んだことないな~なんか美味しくなさそうで…。


駅から30分ほど歩いてレオポルドカフェという有名店へ。


チキンテイッカが激ウマだった!
それとバドワイザー大と焼きそばみたいなの(チョウミン)をシェアで1,550INR(2,695円)。

15:00 世界遺産のエレファンタ島へ行くためにインド門側の船乗り場へ。
往復180INR(313円)。


インド門。

船旅はたっぷり1時間ほど。
エレファンタ島に着いてミニSL10INR(17円)で長い桟橋を渡る。

両側お土産屋さんの長い階段辺りから、お猿たくさんと犬、牛さんがチラホラ。

興味が無さすぎて写真はほぼ無い。
石窟寺院は500INR(869円)。高い。
インド人観光客ばかりだけど、混雑はなくゆったり観れた。
といってもあんまり観るとこ無い笑
世界遺産にしては誰も守って無いような。

お猿のケンカは手があるせいで、頭の毛を引っ張ったりが人間みたいでハラハラした。

船やミニSLの出発時間は多分無く満席になったら。
途中露店でジュース60INR (104円)買う。
17時半ごろ、またミニSL乗って、船乗る。帰りはなぜか5ルピ。
もう日が暮れているので上の階(10INR必要)に座った。


インド人がお菓子をカモメにあげるので、カモメの群れがずっと船に着いてくる。
それ見てると長い船旅もあっという間。


インド門に着いたら辺りは真っ暗。


タージマハルホテルでトイレを借りて、友達にUberを呼んでもらうけど、30分位待たされた。
で、大渋滞にはまり、家まで2時間近くかかってしまった。もう21時半。

ところで午前中買ったSIMは私のアホスマホではいつまで経っても圏外のままなので、予備のスマホにいれてみたら問題なくアクティベート(ライセンス認証)の電話番号に繋がった。
音声案内に従いパスポートの下四桁と誕生年を入力すると、コールセンターに繋がる。
宿泊先の住所が必要なので友達が電話をかわってくれて、住所を告げたら、アクティベート完了。
すぐネットも電話を使えるようになった。
ややこしやー!

インドではデリバリーが主流らしく、友達が酒屋とカレー屋に電話して、家にそれらが届いた。


インドワインが飲めるなんて♪
カレーも出前できるなんて♪
そしてこのお猿のビールうまー。
友達の同僚が22時半位にやってきて、1時半くらいまでお酒を楽しんだ。

-インド

Scroll Up

Copyright© 世界旅行のまとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.